自然農とマクロビ

今日は早く起きたので久々の更新。
相変わらずのマイペースですが、
半分自己満足的なものなので良しとしよう。。。
で、今回はマクロビをされている方なら必ず関心が出てくるであろう農業について。
マクロビをしていると無農薬野菜を常に取りたいと思うところですが、
どこのスーパーでも簡単に手に入るわけではなく、
また、価格もそれなりにすることから
「だったら自分で作るのが一番なんじゃない?」
と、常々思っていました。
思っていましたが、有機栽培で作ったりするのは大変、というイメージがあって
なかなか行動に移せませんでした。
しかし、色々調べているうちに「自然農」というものにであったのです。
「自然農」とは、
「耕さない、持ち込まない、持ち出さない、草や虫を敵としない」
という考え方で行われる野菜の栽培方法です。
おおー、耕さなくていいんだ!と、ズボラな自分はそれだけで目がキラキラしてしまいました。
でも、雑草とかどうするんだろ?抜いたりするの大変そうだな~、と思って読み進めてみると、
雑草も抜くことなく、それすらも野菜を育てるために上手く利用するのです。
(野菜の育成を邪魔しないように刈りはするんですけどね…)
これこそマクロビの一物全体を表しているんじゃないだろうか。
「ほほう、そりゃ興味あるな。」と思われた方、自然農について雑誌に掲載されていた
内容が以下にありますので、是非ご覧になってみてください。自分はこれを読んだだけで
感動しました。「ああ、人間と同じで今の農業も不自然だらけだったんだな」と。
『安曇野自然農学習会』
※掲載内容がPDFでも配布されています。
というわけで、将来自給自足を目指すために、まずは家の裏庭のちっちゃい空き地から
実践していこうと思います。幸い、大きな雑草だらけで自然農に適した場所なので、
(雑草もロクに生えないところに野菜なんか育つわけない。考えてみれば当然)
今から何を植えようかとワクワクしています。
半農半×へ向けての小さな一歩、始めます!